2017年10月22日 (日)

MINIクーパーR56について

MINIのエンジン部から異音、カラカラ音、がするようになったので、厚木のディーラーさんに診てもらったのだけど、・・またまたビックリ‼️、、、何と、エンジンにオイルがほとんど入ってないだと❗️❓
・・え!、ってどういう事?、、
今年の2月に買ったばかりだったので、8か月でそろそろ、とは思ってたのだけど、・・まさか2ストエンジンじゃあるまいし、エンジンオイルがそんなに早く減るとは・,思わなかった(^_^;)
国産の車なら、だいたい4000キロか、4か月ごと、に交換が推奨されてると思うけど、それはあくまでオイルの汚れを考慮して・,・まさか、数千キロ、数ヶ月でオイル自体がそんなに減るなんて想定外だった(^_^;)
・・ちょっとナゾが多い輸入車事情・・
・、一体何でなのかなー!?、
・・と言う事で、ご報告して置きます。(終わり)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月13日 (木)

Wowowでストーンズの「Rock’nroll サーカス」を見た・・。

WOWOWで、1968年の製作の映像作品「RollingStonesロックンロールサーカス」を見たんだけど・・今まで未公開!?・・と言うにはあんまりにも出来すぎな、コンセプトプロデュースされた映像で良く出来ていた作品でした。
ゲストミュージシャンがまたまた豪華!!・・まず最初 TheWhoから始まって、ソロのブルースミュージシャンのタジ・マハール、それから、なんと、ジョンレノンとエリッククラプトン、ストーンズのキースリチャーズにジミヘンドリックスのバックで叩いていたミッチミッチェルがその作品のために結成したバンドでの演奏・・・これが見事だった!・・ジョンもまだ若くて生き生きしていて、少し鮮やか過ぎる絵にビックリ!・・・。ブルースコードを弾きこむエリッククラプトンの若かりし姿や、そのジョンレノンの脇にエリッククラプトンとキースリチャーズが並んでいる姿も豪華で夢のよう・・だった。・・・と、すごい大物の集まった作品ではあるけれど、若い人が見ても何の事か解からないかな、と思うと少し勿体なくもあり、さびしくもありますね・・。(^_^;)
Photo
すごいツーショット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年、明けましておめでとうございます。

1


みなさん、明けましておめでとうございます。

旧年中も大変お世話になりました。昨年は富士山が”世界遺産”に指定される・・2020年のオリンピックの東京開催が決まるなどのサプライズもありましたが・・世界的にはフィリピンの台風災害のように異常気象による災害も多発し、またロシアに隕石が落下するなどのニュースもありました。・・また科学の世界では、あの”ヒッグス粒子”が発見されて、標準理論が一つの完成を見る・・などのグッドニュースもあって・・子供ごころが非常にドキドキする年でもありました。
・・私はと言えば、バイクの免許を取ってから早くも4年目になります・・・その間に東日本大震災があったりしたのですが・・震災中、通勤の国道が、どこまでもどこまでも、延々と続く渋滞の車のテールライトの横を、SR400で数十キロ、すり抜けすり抜け職場まで乗っていったことも、昨日のことのようですが・・・。その時はお店に”パン”や”ヨーグルト”がすっかりなくなってしまって、毎日、小麦粉で”パンケーキ”を焼いたりして、やり過ごしていたことも思い出します。・・・・そう言えば震災から今年で3年目ですが、肝心の福島の原発の廃炉は依然進んではいなく、いつになるのかめどが立っていないようですね。・・・バイクはCB1100からまた乗り変えようとおもってますが、厳しい時勢の中で、今だに資金のめどが立っていず、今年もどうなるかわかりません。(>_<)・・・

本年は、バイクは無理なので、パソコンとか、ブルーレイプレーヤーとか、小物を買い換えて見ようかと思ってます。・・WINDOWS8でマザーボードも換えて、CPUはCorei7にして、システムを一遍に一新、ディスプレーも3Dに対応させたり、・・出来たらいいですね(^_^;)

本年も相変わらず平塚市に住んで、新潟と神奈川県を行ったり来たりしながら頑張ろうと思ってます。・・時間があったらこのブログによって下さったらとてもうれしいです。それではよろしくお願い致します。

2013年の記録


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

相対性理論「TOWN AGE」

Cover
ちょー気になる変わった”バンド名”で・・・・とうとう、名前にひかれて聞いて見たけど、心配していた”名前負け”で”ガッチガッチ”・・・・にはなっていなくて、とてもソフトな軽音楽、軽ポップは高感度大!・・・見事な調和でした(^_^;)
・・”音楽”や”バンド”をこんな風にとらえる”やくしまる”さんの感性はすごいと思う。
・・・・・僕らのように’80年代を生きてきた人間には、その軽快な音楽は、往年の80年代のニューウェーブサウンドを彷彿させて、聞きやすく、すごくいいなー思う。
ともするとまるでまとまりのないバンドになりがちかと思うけど、うまくその辺を抑えてあってセンスのいいサウンドになっていると思う。・・・ボーカルの”やくしまるえつこ”、がホントんどすべてのコンセプト、企画を取り仕切っていると言われているけど、その多彩な歌詞や、メロディーは他のメンバーや関わっている人がたくさんいるようにも感じるし、・・・・まあこれだけ色々な歌詞のシチュエーションや、出てくる単語の多彩さはなかなか一人で紡ぎ出すのは大変だと思うけど。
・・・「BATACO」の出足のフレーズとかサビの部分とか、ギターとドラムの絡むところとかホントに気持ちいい・・・これは、でも食わず嫌いで、聞いてみてもらわないと、なかなか若い人に伝わらないかも・・・
今の段階では・・・非常にムズカシイ!!・・・一枚です・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”The Best of RADIOHEAD”

Photo


今年、・2013年・・NHKの朝の連ドラで、超売れっ子になってしまい、巷では、風変わりな不思議ちゃん・・とか”ヘンタイ能年”・・などと散々言われていじられてきたあの”能年玲奈”が、・・ある雑誌で、”自分はギターを弾くのが好き”・・とか好きな音楽は”サカナクション”、とかイギリスのバンド”RADIOHEAD”・・などとイメージががらっと変わってしまう発言をしていて驚いた!。・・・いかにも年頃の女の子の趣味に、ハッとしたからだけど、・・(-_-;)。
・・///
と言う訳で聞いてみた”Radiohead”・・・バンド名の”レディオヘッド”と言うのは、あの往年の”トーキングヘッズ”の曲の歌詞から取ったとのことだけど、よく聞いてみると曲の音階の上がり下がりが、あの”デビッドバーン”的であるようにも聞こえる、・・ちょっとひねってある風変わりなメロディーだ。・・不思議な・・まったりと抑揚する重みのある、オルタネイティブ系サウンドが、いかにもイギリスのバンドぽくて気持ちいい!
まるでメロディーの抑揚感をわざとゼーブして抑えてあるかのような不思議な感覚、・・・ちょっとムズカシイ!・・・・
さわやか・・・と言うよりは・・”まったり”・・・と言う感じがピッタリ。・・・社会への風刺・とかひねりがある、などともあるけど、英語の歌詞にツイテはまったくわかりません(*^^)v!・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

LOOK INTO THE EYEBALL/ DAVID BYRNE

Photo

もうじきウィンドウズXPのサポートが終了するのは皆さんご存知ですよね。・・今をさかのぼる事10うん年前、
Windowsブームが最高潮に達し、普及層のOSとしては空前のヒットとなったWindowsXPが発売された時、僕もとうとう必要に迫られてパソコンを買う事になったのだけど、・・その時になんと、このデビッド・バーンと驚きの再会をする事になったのだ。・・・その時マイクロソフトはそのOSの”抱き合わせ”の目玉だったWindowsMediaPlayerのデモンストレーション用の、つまりサンプル曲として、このデビッド・バーンの「Like Humans Do」を採用して販売中の製品ならだれでも聞けるようになっていた。・・。XPを買った事のあるユーザーなら覚えている人も多いだろうが・。・・僕もとっても驚いた。・・何気ないサンプル曲に過ぎないと最初は見逃していたのだけど、・・よーっく曲の作者を見ると、「DAVID BYRNE]とある。・・・あの一世を風靡した80年代のバンド”トーキングヘッズ”のリーダーでボーカルだった男がデビッド・バーンと言われていた事は覚えていたが綴りの”BYRNE”がバーンと読むとはあまり広くは認知されていなかったし、多分名前の似ている名の無い無名のミュージシャンだろうとずーっとタカをくくり見逃したままにしていたのだ。・・何分マクロソフトのMadiaPlayerのサンプル曲に過ぎないではないか・・・しかし・・・その男は、実は本物の、あの’80年代に”サイコキラー”や”ストップメーキングセンス”のPVでミュージック界の頂点に達していたあの”トーキングヘッズ”のデビッドバーンだったのだ。・・と気付いてはみたけど、とにかくサンプル曲に過ぎない訳だし、・・若い人で彼の事を、過去にそんなに売れていたビッグアーティストだと気が付いた人はほとんどいないだろうよ!・・・と思ったら・・・その事をことさらに騒ぎ立てて事を大きくするよりも、そのままサンプル曲であり、無名のミュージシャンとして置いた方が彼も楽しめるし、また若い人もそれが縁で彼を知ってくれたらその方がずっといいなーとその後も気が付かない振りをずっと続けていたのですよ・・・みなさん!
・・と言う訳で・・・みなさん彼はあの有名な”トーキングヘッズ”のリーダーだったほんもののあのデビッドバーンなのですよ。(≧∇≦)>・・・どうだ!!やっと言えたぞ!(^_^;)
このアルバムはその後、そのままWindowsMadiaPlayerのサンプル曲のバナーから、そのままダイレクトに販売サイトに行って、そこから買ったアルバムなのです、・・・つまり当然“買い”の一枚だった訳です。
もう知っての通り名曲「Like Humans Do」を収録した、・・・リズム系を多用したちょっと’80年代風の”ニューウェーブサウンド的な作りになっていて’90年代からずーっと南米系のリズム音楽に傾倒し、純粋なロック&ポップスから離れていた彼から、久しぶりに届いた、明るっく軽快な音は、そんな闇を抜けきったようなさわやかさのある名盤だったのです。・・・と、2014年XPのサポート終了に合わせた訳ではないけど、ようやくレビューできた!・・・と言う訳です。
OSの方も大ヒットでしたが、・・マジでこれは名盤ですよ。(*^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

ヒューマン・オーディオ・スポンジ(H.A.S)

4170mycvmrl_ss500_

ある時、ブログ解析ワードで「ヒューマン・オーディオ・スポンジ」がトップになっているので、あれ?っと思った。
実は5年ほど前の事だが、横浜はパシフィコ横浜で、小児がんのためのチャリティーコンサートを行ったばかりだと言う新聞の記事が載っていたので「おおー」っと分かった。
それはあの”YMO”の3人”と紹介されていた。いかにも”YMO”。
・・・・細野、高橋はその時はもう一つのユニット”Skecth Show"も行っていたけど、いつの間にかそこに坂本が加わって出来たのが”HAS(ヒューマンオーディオスポンジ)だった。・・・・その時の実験的な数々の仕事は、ちょっとゾクッとするぐらいの活躍ぶりであったので、よく覚えているが、・・・やはり・・・予想されていた通りにその後、”イエローマジックオーケストラ”は再結成されたのである。・・・

・・・その後もライブエイドや数々のイベントでYMOは演奏しているが、・・・最近、ここ何年かはよく3人でやられているようなので、YMOの”FACEBOOK”でも、活躍されている3人の写真がたくさん載っているが・・・・驚きと言うか、・・つまり、それだけ数十年もの時間の経過の後、優れたアーティストが自然と、そのように再び共に活動できる時間の中にいるのだと言う事が、昔のファンにはなんとうれしい事か!・・・・・。
”YMO”時代のファンとして一言言っておきたいが、本来細野さんも、高橋さんも、もともと”エレクトロニカ”や”テクノ”が”本業”ではない、ということだ。つまり、二人とも”アナログ”であった”ロック音楽”をこよなく”愛しているのであって、コンピュータで”ピコピコ”は本来の自分たちの姿の、一つの表現系に過ぎない、ということだ。
あの”YMO”も、すべて、本来アナログであった”ロック”の表現型の一つの形に過ぎないということなのです。
 (その辺に疑問を感じている方は、復活してからの3人の活躍、足跡などを追ってみてください・・・必ず分かります・・。)
 ・・・と言うことで、”YMO”とその時代のすべての文化に、”乾杯”・・・と言うところですか(≧∇≦)>・・・・。(終わります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

2013年ですね・・明けましておめでとうございます。

Img_0333b_2


 昨年もCB1100乗ってまして・・・(ほんとはハーレーに乗り替えたかったんですが)・・夏は初めて箱根の坂を登ってみた。・・・
登りは結構余裕で、自分のバイクがやっぱりトルクが強いなーと感じたのと、初めて行ってみたあの”大涌谷”が思っていたより”ダイナミック”で、ロープウェイが山々の間をスーッと通ってる風景などは圧巻・・・と言うか”感動しました。・・山々の斜面からヴォーっと吹き出ている蒸気の煙が如何にも温泉地の聖地らしい雰囲気で素晴らしかった・・。神奈川県に住んで29年目になりますが・・得した気分になりますね・・。(^_^;)
 それと大涌谷の駐車場、中国の観光客さんでたくさん賑わっていて・・もう・・やっぱり向こうの人”日本語”まったくできない人多いみたいなんですよ・・。もう、旅行に行くのに相手の国の言語ぐらい少しは勉強していくだろう(^_^;)・・・とか言うのが僕らの感覚なんだけど・・向こうの人あいさつも日本語ほとんどわからないみたいなんですよ・・・。(^_^;)・・・僕のバイクの周りで「カッコいいね・・・」みたいに盛り上がってたんだけど僕が「中国、どこから来たのですか?」とゆっくり大きな声で聞いても全然チンプンカンプンなんで・・・それにも驚きました(^_^;)訳ありなのかなー!?
・・・と言う訳で今年はバイク乗り替えようかな・・とか思ってます、
・・本年もよろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

the brilliant green;; Blackout

61dindicfll__sl500_aa300_


ボーカルの川瀬智子とリーダーだった?奥田俊作が結婚することになって、最近活動がめっきり減ってしまったブリグリ・・以前ボーカルの川瀬が”TomyFebrualy6”名義でアイドル的にTVなどで活発にソロ活動していたときに、「変わった子」だな・・・と印象に残っていたのだけど・・その後その子が以前バンドのボーカルをやっていたと言う”ブリグリ”・・・・the brilliant greenが復活しているという情報を得て聞いてみたのがこれ!・・・・だった。
TomyFebrualyの時は少しポップな歌謡風の曲だったので、はじめはまったく違う曲作りに”ビックリ”!!バンドの名前は如何にもイギリスのUKを意識したもの風で、そう思うとバンドのサウンドの意味がわかるようだ・・・でも違いすぎる!!(^_^;)大学生風・・とか・・・ローバーミニのグリーンを思い浮かべると分かりやすいのでは(多分実際そうなのだとは思うけど)
それにしても川瀬の詩はうまい!・・時々に散りばめられた如何にも女の子らしい”小物”がキラキラして素晴らしく、それを奥田のUKロック的な曲がうまく引きたてている。・・・うまい!実際いい・・・その名前に似合うような”若さ”と”元気さ”がはじけたポップ(ロック)がさわやかだ!(^_^;)・・いやさわやかだった・・・と言うべきか。(^_^;)
とにかくボーカルの川瀬と奥田が結婚して、バンドのメンバーだったギターの松井君が脱退と言う結末で・残念ながら最近の活動はまたあまり聞かなくなってしまったのです。
・・しかし・・僕は”これ”はあの川瀬智子さんの最後(!?)にふさわしいアルバムで素晴らしい出来だとまだ思ってます・・・、。”ブラー”の「Song2]のカバーも”バッチリ”です!・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

プリンス;1999(1983年作品)

 6100tal8t4l__sl500_aa300_


 ’84年、当時一番人気のあったMTV紹介番組、「ベストヒットUSA」で何週だったかは忘れたけど、連続で1位を取り続け、毎回ビデオが流されていたのが、このプリンスの「レッツゴークレージー」だった。
マイケルジャクソンなどと比べると。。。どこかアンダーグラウンドな危ないイメージで、”すんごいなー・”・と言うのが第一印象だった。衝撃的と言うか。。。なんだかアメリカのアンダーグラウンドが、いきなり。日本のお茶の間に”お披露目”されたかのような衝撃を、。今も僕は覚えている・・。それと。。もう一つ・・・・
あの”ジミ・ヘンドリックス”を彷彿させるノイジーな強烈にゆがんだギターの音・・・・。当然その時僕はあの”ジミヘン”のギターを演じられる・・または超えられる存在などは絶対に現れないのだと信じていたのだけれど・・・・・そのたとえ真似で演じて見せたギターであってもその”クレージー”な世界観に少しくらっと来てしまった。
・・・素晴らしい瞬間と言うのはそんなにはないと思っていても、・・・・その時のそのMTVの映像が日本で流された瞬間ほど・・・僕らにとって素晴らし瞬間はなかったように思う。・・・・・

・・・となんだかんだで、その”パープルレイン”のひとつ前の作品になるのがこの「1999」だ。
’83年と言えば、僕はまだ高校生で、学校の校庭を走り回っていた頃なんだけど、・・・そのプリンスの時代を感じさせない”感性”にはホントに驚かされる・・・。当時の世界からすでに’16年後’の世界を予言して見せ、。。しかもその予言した時代を遥かに超えてもなお光り続けるその楽曲の数々は、、彼の才能が確かなものである事を今も裏打ちしているかのようだ・・・。
今も前編通して聞いてもまったく古さを感じさせない・・・少し得をした(^_^;)お薦めの一枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«R.E.M ;The Best Of R.E.M. 1988-2003